服飾業界者が語る良い繊維 TOP

このサイトについて

植物や動物の毛などを使って作られた繊維。それを利用して布を作り上げていきます。繊維と一言で言っても種類は様々で、洋服などの着るものとして作られる繊維は、洋服に袖を通したときにやわらかい手触り、さわり心地が要求されます。

歴史を振り返ると、人工的に作られた化学繊維はおよそ100年の歴史があります。広く知られているところでは、レーヨンやポリエステルなどがあげられます。そのほかにもナイロンやアクリルなどもなじみのある化学繊維ですね。

化学繊維は大きく分けて天然繊維、羽毛、化学繊維の三つに分類されます。それぞれコットンや麻、ウールやシルク、レーヨン、ナイロン、ポリ塩化ビニルなど、一度は目にしたことのあるものばかりではないでしょうか。

専門職などに携わらなければなかなか繊維について知る機会はないかもしれません。しかし、洋服や下着など、私たちの生活と繊維は切っても切れない関係なのです。例えば季節ごとに選ぶ洋服や、洗濯のときにも繊維について知っておけばいざというとき大変役に立つこともたくさんあるのです。意識しなければ知ることがないかもしれない繊維について。せっかくですからこの機会に豆知識として知っておいてみてはいかがでしょうか。

    メニュー

    おすすめ情報

    7歳、5歳、3歳の特別な七五三のレンタル貸衣装ならレンタル衣装マイセレクトをおすすめします。古典柄からモダンな着物まで着物の粋を知り尽くしたレンタル専門のネットショップですので安心して利用ができます。すべてフルセットで着付けマニュアルもついてくるのでお子さんの晴れの日に是非利用してみて下さい。
    Copyright(C) 服飾業界者が語る良い繊維 All Rights Reserved.