動物繊維について

動物繊維とは、動物から取れる毛すべてのことです。勘違いされやすいのですが、ウールというのは決して羊の毛という意味ではないのです。羊の毛は羊毛と言います。ですのでウールは動物の毛全般を指す言葉なのです。ちなみに羊毛以外の動物の毛は獣毛とされて、羊毛と分けられています。

繊維の中でもウールは保温効果がバツグンとされています。確かに冬用のセーターやカーディガンはウールでポカポカしますものね。羊毛と言っても種類が様々で、カチッとしたスーツなどに使われている羊毛はウーステッド生地、セーターなどに使われている羊毛はウーレン生地です。ウーステッド生地は繊維そのものにふくらみがあります。ウーレン生地は手触り重視の繊維となっています。それぞれの特徴を活かして洋服へと変貌を遂げていくのです。

羊毛というのは大変奥が深く、すべての種類をあわせるとおよそ40種類以上もあるのです。使用用途に合わせてそれぞれの羊毛が使われているのです。いま趣味として女性たちの間で羊毛フェルトなども人気になっていますね。あれは大変やわらかいタイプの羊毛が使われています。手触りも心地よく、多くの女性たちが趣味として羊毛フェルトを楽しんでいるのもうなずけます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 服飾業界者が語る良い繊維 All Rights Reserved.