服飾業界者が語る良い繊維 TOP > メニュー > 植物繊維(コットン)について

植物繊維(コットン)について

繊維の中で「天然繊維」に分類される植物繊維。こちらの繊維は私たちに大変馴染み深い繊維といえるかもしれません。植物繊維も細かく三種類に分類され、綿いわゆるコットン、そして麻、さらにマニラ麻やザイザル麻、これら三つが植物繊維とされています。

コットンは木綿の綿毛を使って作られた繊維です。私たちの生活になくてはならない繊維ですね。タオルやシーツなどはもちろんのこと、布団などにも使われています。肌着などにも使われていることが多いですね。特に肌触りが好まれています。

シーツやタオルなどに使われているコットンは短繊維綿を使用し、肌着などの衣類には中繊維綿を使用しています。コットンは繊維の長さによって使用用途が決まってくるのです。このほかにも長繊維や超長い繊維などは高級な洋服などに使われていることが多いのです。しなやかな繊維が上質な洋服を作り上げていくということです。

インターネットなどを見ていると、コットン商品を専門に扱っているお店があります。それだけ私たちの生活とコットンは密接な関係だといえるでしょう。また、コットンを好む人が多いということもあるのかもしれません。あの肌触りが心地よいということでほとんどの衣類をコットンにこだわっているという方もいるそうですよ。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 服飾業界者が語る良い繊維 All Rights Reserved.