服飾業界者が語る良い繊維 TOP > メニュー > 植物繊維(麻)について

植物繊維(麻)について

麻も私たちの生活になじみのある繊維ですね。衣料用として使われている麻ですが、タグを良く見ると麻と書いてあるものは亜麻(あま・リネン)と苧間(ちょま・ラミー)の繊維だけなのだそうです。あまり意識してみたことがないかもしれませんが、麻と表記されているものが正真正銘の麻ということになります。

麻は植物の葉から取れる葉脈と植物の茎から取れる靭皮繊維があります。先ほど話しました衣料用の麻はこれらから採取された繊維ということなのです。

麻の特徴といえば、やはりあの手触りではないでしょうか。日本のみならず、一年を通して暑い国などでも麻を使った洋服をたくさんの人たちが好んで着ていますものね。もちろん日本でも麻を使った洋服が毎年たくさん売られています。やはり清涼感があるので、暑い夏でも通常の洋服に比べて麻は清涼感を感じることができます。

また麻は強度がある繊維として大変人気が高いのです。例えばパーティなどに着ていくドレスやスーツなども麻を使ったものが多いのです。それは耐久性があるからだといわれています。

ただしお手入れがなかなか大変なので、お洗濯や干し方などには充分気をつける必要があります。しわにもなりやすいですね。せっかく気に入って買ったのに洗濯を失敗して駄目にしてしまったということのないよう、洋服についているタグの注意書きをしっかりとチェックしましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 服飾業界者が語る良い繊維 All Rights Reserved.