再生繊維について

化学繊維というのは、石油や石炭、木材、天然ガスなどを使って化学的に作られた繊維を意味します。化学繊維には「再生繊維」「半合成繊維」「合成繊維」「無機繊維」の四種類があります。こちらでは再生繊維についてお話していきましょう。

再生繊維というのはレーヨンやキュプラ、ポリノジックなど、セルロースが主成分の繊維を意味します。一番知名度が高いのはやはりレーヨンでしょうか。レーヨンは熱に強いという特徴があります。そのほかにも吸湿性がいいことでも知られていますね。ただし、水を吸い取りやすいということは縮みやすいということ。そのため洗濯などを失敗するとシワになったり洋服そのものが縮んでしまいます。レーヨンを洗濯するときは充分注意しましょう。

そもそもレーヨンというのは人工的に作られた繊維ですが、そのきっかけは古い時代に絹が高かったことがあったそうです。そのため、絹に似たような手触り感や質感などを求めて人工的に作ったものがレーヨンなのです。

今の時代でも私たちの生活に密着した存在となっているレーヨン。様々なシーンでこれからもお世話になる繊維のひとつと言えるでしょう。地球にも優しい繊維として知られていますが、そのわけは主成分となっているものがセルロースという素材で、土に埋めることで分解され、自然に消滅するからなのです。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 伝統的な手法と最新技術を巧みに融合させ日本最高クラスの品質のレンタル貸衣装のモーニングを借りるならマイセレクトさんのモーニングが良いと思います。大切なイベントでワンランク上の着心地とデザインを求めている人には特にオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 服飾業界者が語る良い繊維 All Rights Reserved.