半合成繊維について

動物や植物などの天然資源を利用して作られた化学繊維が半合成繊維といいます。半分が天然繊維で、もう半分が化学繊維なので「半合成繊維」という名前がつけられました。主原料となるのはトリアセテート、アセテート、プロミックスなどがあります。

アセテートというのは見た目にはシルクのような光沢があります。また色に深みもあることから大変重宝される繊維と言われています。大変軽いことも人気となっており、様々なシーンで私たちを飾ってくれる繊維と言ってもいいのではないでしょうか。

例えばパーティ用のドレスなどはもちろんですが、婦人用のスカーフやベルベッドなににも使われています。おしゃれに敏感な方ならクローゼットにアセテート・トリアセテートで作られたものがいくつかあるかもしれませんね。

プロミックス繊維もフォーマルドレスやパーティドレス、ブラウスやスーツ、コートなどにも使われています。やはりこちらもシルクに似たような光沢もあり、吸湿性もかねそろえているため私たちの生活と大変密着した繊維となっています。東洋紡株式会社が1970年代に開発した繊維としても有名です。歴史は古くはないものの、日本ではなじみの深い繊維としてこれからも活躍していくことでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 服飾業界者が語る良い繊維 All Rights Reserved.